化粧水の基礎知識

名古屋市天白区のフェイシャル&ヘッドスパManatiareマナティアレです。

今日は化粧水に対する基礎知識をお伝えできればと思います。

化粧水の目的は角質層への水分の補給です。

肌表面の薄い角層に吸収される水の量は限界があります。そのためパンパン叩いたり、何度も何度も重ねつけする必要はありません。

洗顔後はなるべく早く化粧水をつけます。この際に化粧水が浸透していくのを待つ必要はありません。すぐに乳液やクリームをつけ化粧水にフタをするのです。

メイク落とし

乳液やクリームは人工的な皮脂膜の役割を果たし潤いをキープするエモリエント効果があります。化粧水が蒸発するのを防ぐ役割です。

べたつきが気になる方はTゾーンなどの皮脂が多い所は少なめにするなど、場所によって調整すれ大丈夫です。

お風呂上りはもっとも乾燥するので気を付けてくださいね。

コットンパックを行う時に気を付けること

水は水分が少ないほうに移動する性質があるため、パッティング後や十分に湿っていないコットンを肌にのせると、せっかくうるおった肌の水分を逆にコットンが奪ってしまう可能性があります。コットンをしっかり濡らした状態で行いましょう。化粧水や美容液を節約したい場合は先にコットンを水にぬらしておきましょう。10分以上は逆に乾燥してしまうので注意してくださいね。

リフトアップ

マナティアレでは、国産オーガニックコスメによるフェイシャルトリートメントで、あなたの美しさを最大限に引き出します🌸

薬品に頼ったその場しのぎのケアを止めて、体の内側からキレイを一緒に目指しませんか?

ご予約・お問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ(ラインでも承っております。)

tei:080-9246-2308

友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です